トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介 » 19,20世紀 » 作品詳細

作品紹介

19,20世紀
(第二次大戦前)

写真:モーリス・ドニ 雌鶏と少女)

  • モーリス・ドニ
  • 1870年-1943年
  • 雌鶏と少女
  • 1890年
  • 油彩/カンヴァス 134.5 x 42.5 cm
  • 右下に署名、年記: MAV DENIS / 1890
  • P.1986-0001
  • 詳細はこちらから>>

この絵の制作された1890年は、ドニが初めてサロンに入選し、続いて「絵画とは、一定の秩序のもとに配された色彩によって覆われた、平らな面であることを忘れまい」という、有名な絵画の定義を含む論文を発表した年として重要である。事実この作品には、縦長の画面や署名などにみられる日本美術の影響、モザイクのような装飾的効果を発揮する点描技法の使用、宗教的礼拝像にも似た人物の取り扱いなど、この時期のドニの作品に特徴的なさまざまな要素が指摘されよう。そして、画面全体には、見慣れた身辺の事物の中にほのかな神秘感を漂わせるという、象徴主義時代のドニ芸術の手法が見事に発揮されている。

(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 107)

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引