トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定

今後の展覧会予定

ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展 ルネサンスからバロックまで

会期:
2010年6月26日(土)〜9月26日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(*ただし、7月19日(月)、8月16日(月)、9月20日(月)は開館、7月20日(火)、9月21日(火)は休館)
主催:
国立西洋美術館、イタリア文化財省・カポディモンテ美術館、TBS、東京新聞
後援:
外務省、文化庁、イタリア大使館
協賛:
大日本印刷
協力:
TBSラジオ、BS−TBS、ARTERIA、AXA ART、日本通運、日本貨物航空、日本航空、JR東日本、西洋美術振興財団
観覧料金:
一般1,500円(1,100円)、大学生1,200円(800円)、高校生700円(500円)
※ ( )内は20名以上の団体料金
※ 中学生以下、心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
※ 本展の観覧券で常設展示も併せてご覧いただけます。
巡回:
京都文化博物館
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
2010年10月9日(土)〜12月5日(日)
パルミジャニーノ 《貴婦人の肖像(アンテア)》

パルミジャニーノ
《貴婦人の肖像(アンテア)》
カポディモンテ美術館
油彩・カンヴァス

ナポリの丘の上に建つその名もカポディモンテ美術館(カポディモンテとは「山の上」の意)は、イタリアを代表する美術館のひとつとしてその名を知られています。
所蔵品の核となっているのは、16世紀にファルネーゼ家が収集した作品です。当時権勢をふるったファルネーゼ家は、一級の美術品を収集することで家名を高めました。本展の前半は彼らが収集したルネサンスからバロックまでの作品を紹介します。後半は、17世紀のナポリ絵画を紹介します。当時ナポリはバロック美術の中心地のひとつとして、多くの優れた画家たちを輩出しました。これらはナポリを統治したブルボン家が収集したものでした。
展示されるのは約80点の絵画・彫刻・工芸・素描です。かつての大貴族の栄華を物語る名品の数々をご鑑賞ください。

詳細につきましては、展覧会公式ホームページをご覧ください。

公式ホームページからチケットがご購入いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会