トップページ » 展覧会 » 過去の展覧会 » 2000-2009年 » 展覧会詳細

過去の展覧会

  • 1960-69
  • 1970-79
  • 1980-89
  • 1990-99
  • 2000-09
  • 2010-
  • 2000年
  • 2001年
  • 2002年
  • 2003年
  • 2004年
  • 2005年
  • 2006年
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年

ベルギー王立美術館展

  • ベルギー王立美術館展
  • 2006(平成18)年9月12日- 2006(平成18)年12月10日
  • 会場:
    国立西洋美術館
    出品点数:
    絵画70点、素描39点、計109点
    入場者数:
    247,009 人
    巡回先:
    長崎県美術館、国立国際美術館
    関連書籍:
    展覧会カタログ
    2006年発行、181頁、高さ29m、カラー図版109点

ブリュッセルにあるベルギー王立美術館は、ベルギー王国が世界に誇る同国最大の美術館です。15世紀のいわゆる初期フランドル絵画から20世紀、さらには現代美術にいたる絵画や素描など約20,000点が所蔵される同美術館のコレクションは、まさに油彩画(油絵)発祥の地に相応しい充実した内容をもつものと言えるでしょう。

この展覧会は、ブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスといったフランドルの巨匠たちにはじまり、クノップフ、アンソールらの象徴派、さらに、マグリット、デルヴォーらシュールレアリストなど20世紀の作品まで、同館から選りすぐった70点の油彩画と39点の素描によって、豊饒のベルギー美術400年の歴史を展望するものです。

今回とくに注目されるのは、現存する油彩画が40点ほどしかないピーテル・ブリューゲル(父)(?)の《イカロスの墜落》が日本初公開されることです。近年、作者をめぐってさまざまな議論が交わされていますが、光と大気をはらむかのような魅力的な風景描写、細部にいたる精緻な表現とやや幻想的で不可思議な雰囲気とが共存したこの作品は、まさに、王立美術館の、また、ベルギー王国の顔として長く親しまれてきました。フランドル美術、ベルギー近代美術の粋を集めたこの展覧会にどうぞご期待ください。

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会