トップページ » 展覧会 » 開催中の展覧会

開催中の展覧会

国立西洋美術館開館50周年記念事業
所蔵水彩・素描展―松方コレクションとその後

フランク・ブラングィン展はこちら>>

会期:
2010年2月23日(火)〜5月30日(日)
会場:
国立西洋美術館 版画素描展示室
休館日:
月曜日(ただし、3月22日、5月3日は開館、3月23日(火)は休館)
主催:
国立西洋美術館
協賛:
EPSON
協力:
西洋美術振興財団
観覧料金:
一般420円(210円)、大学生130円(70円)  ( )内は20名以上の団体料金
※ 高校生以下及び18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方及び付添者1名は無料
※ 企画展「フランク・ブラングィン展」観覧券、または常設展観覧券でご覧いただけます。
関連書籍:
展覧会カタログ
2010年発行、103頁、22×15.2 cm、カラー図版38点
展覧会カタログご購入方法
ギュスターヴ・モロー《聖なる象》

ギュスターヴ・モロー 《聖なる象》 1882年 水彩、グアッシュ、紙

国立西洋美術館は、1910年代後半−20年代のヨーロッパで川崎造船所の初代社長・松方幸次郎が築いた大コレクション、いわゆる松方コレクションを基礎として1959年に設立されました。2009年には開館50周年を迎え、記念事業の一環として企画展示館では、松方に収集を指南した画家フランク・ブラングィンの回顧展が開催されます。本展はブラングィン展の関連小企画展として、所蔵品のなかから松方コレクションを中心に19−20世紀の主要な水彩・素描作品38点ほどを紹介します。完成作のための習作として、あるいは独立した一つの作品として制作された水彩・素描作品には、油彩画とはまた違う独自の性質や表現を見出すことができます。紙作品は光や湿度など環境の変化に弱いためあまり展示の機会は多くありません。今回の展覧会では、ふだんは目にすることの少ない水彩・素描作品の魅力をお楽しみください。

こちらでチラシがご覧いただけます。

「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2010- 」で、本展に関連したレクチャー&コンサートを行います。詳しくはこちらをご覧ください。

作品保護の観点から会場内の温度を低く設定しております。上着をお持ちいただくなど、体温調節しやすい服装でのご来館をおすすめいたします。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会