トップページ » 展覧会 » 開催中の展覧会

開催中の展覧会

ウィリアム・ブレイク版画展

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影はこちら>>

会期:
2011年10月22日(土)〜2012年1月29日(日)
会場:
国立西洋美術館 版画素描展示室
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(*ただし、1月2日、9日は開館)、12月28日(水)−1月1日(日)、1月10日(火)
主催:
国立西洋美術館
観覧料金:
一般420円(210円)、大学生130円(70円)

※本展は常設展の観覧券でご覧いただけます。
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下及び18歳未満、65歳以上は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるものをご提示ください)
※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)

ウィリアム・ブレイク
《愛欲者の圏》ダンテ『神曲』のための挿絵より
1826−27年

近代英国の代表的画家、詩人として知られるウィリアム・ブレイク(1757−1827年)は、銅版画家としても多数の作品を残しています。独特のインスピレーションに基づき、幻想的かつ象徴的な世界を構築する彼の版画は、英国ロマン主義を先駆けるものでした。今日に至っても、それらの作品は見る者を魅了してやみません。

当時、英国の版画家たちの主な仕事は、画家から提供された原画を忠実に複製することでした。この趨勢に抗い、自らの創意に従って制作を進めたブレイクは、異色の存在であったと言えるでしょう。詩とイメージの融合、線描による表現の重視など、独自の芸術理念を追求したブレイクでしたが、こうした志向は、同時代の人々の好みとかけ離れていることがしばしばであり、生前ほとんど評価されませんでした。しかし、ブレイクは、世間の無理解に苦しみつつも、生涯、自身の理想を貫き通したのです。

今回の展示では、旧約聖書『ヨブ記』やダンテの『神曲』のための挿絵をはじめ、当館が所蔵するブレイクの版画をご覧いただきます。また、デューラーやマルカントニオ・ライモンディら、彼が傾倒したルネサンスの版画家たちの作品も併せてご紹介します。この機会に、銅版画家ブレイクの世界をどうぞご堪能ください。


ウィリアム・ブレイク
《ベヘモトとレヴィアタン》 『ヨブ記』のための挿絵より
1825年


ウィリアム・ブレイク
エドワード・ヤング『夜想:嘆きと慰め』のための挿絵より
1797年刊

出品リスト(PDFファイル 約71KB)

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会