トップページ » イベント » 講演会/シンポジウム

講演会/シンポジウム

当館の研究員、あるいは国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行っています。

過去の情報はこちら

松方コレクション展

講演会

日時:2019年6月11日(火)14:00〜15:30※同時通訳つき
ブリュノー・マルタン(フランス文部省・建築文化財メディアテーク)
「写真家ピエール・シュモフのカメラがとらえた松方コレクション」

日時:2019年6月15日(土)14:00〜15:30
邊牟木尚美(国立西洋美術館研究員)
「松方コレクション展と作品修復」

日時:2019年7月20日(土)14:00〜15:30
宮崎克己(昭和音楽大学教授)
「印象派ブームわき起こる〜第一次大戦直後の日本」

日時:2019年9月7日(土)14:00〜15:30
陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員)
「松方コレクション 百年の流転」

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

国際シンポジウム
「近代の女性芸術家たち:フィンランドと日本」

日時:2019年6月21日(金)14:00〜18:00※同時通訳つき

登壇者:
アンナ=マリア・フォン・ボンスドルフ(フィンランド国立アテネウム美術館主席学芸員)
アヌ・ウトリアイネン(フィンランド国立アテネウム美術館上級研究員)
アンナ=マリア・ウィルヤネン(フィンランドセンター所長)
児島 薫(実践女子大学教授)
主催:
国立西洋美術館
助成:
公益財団法人野村財団、公益財団法人吉野石膏美術振興財団
パンフレット

(PDFファイル 2,161KB)

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
先着130 名(聴講無料。ただし、聴講券と観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは、開演の30 分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※シンポジウムのタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

講演会

日時:2019年7月13日(土)14:00〜15:30
佐藤直樹(東京藝術大学准教授)
「ヘレン・シャルフベックと写真―バーン=ジョーンズ作品の複製写真による影響」

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

日本・ギリシャ修好120周年記念講演会
「日本とギリシャ:それぞれの文化遺産の保存と修復 コルフ島とサラミナ島」

2019年は日本とギリシャが外交関係を結んで120年になります。それを記念して、国立コルフ・アジア美術館長デスピナ・ゼルニオティ氏と、共立女子大学教授の木戸雅子氏による講演会を行います。
国立コルフ・アジア美術館は、1890年代から1910年代に外交官であったグレゴリオス・マノスという人物がウィーンやパリで集めた日本美術作品を所蔵するギリシャ唯一の東洋美術館です。館長であるゼルニオティ氏は、ギリシャにおける日本文化・芸術の理解促進に貢献してきたこれまでの功績により、平成30年度外務大臣表彰を受賞しました。また、木戸氏は、ポストビザンティン美術の専門家として、サラミナ島にあるパナギア・ファネロメニ修道院聖堂を日本の資金によって修復させ、その図像プログラムの研究をしています。その功績からサラミナ名誉市民の称号が授与されました。
本講演会では、ギリシャにおける日本美術の研究と日本人の手によるギリシャの教会堂修復事業という、2つの国の美術に関する重要な仕事を紹介します。国立西洋美術館では、2020年東京オリンピック・パラリンピックの時期に開催する企画展において、古代ギリシャのオリンピックに関わる作品をギリシャから出品していただく予定です。
2019年の修好120周年記念の年のみならず、その後も引き続き豊かな文化交流が続くことを願い、この講演会を開催します。

パンフレット

(PDFファイル 1,09MB)


日時:
2019年8月31日(土)14:00〜17:00 ※日英同時通訳つき
登壇者:
デスピナ・ゼルニオティ(国立コルフ・アジア美術館長)
木戸雅子(共立女子大学教授)
主催:
国立西洋美術館
助成:
公益財団法人 石橋財団
後援:
ギリシャ大使館、日本ギリシャ協会

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
先着130名(聴講無料。ただし聴講券が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは、開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。

ページの先頭へ戻る

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

講演会

日時:2019年10月19日(土)14:00〜15:30※同時通訳付き
フランチェスカ・デル・トッレ=ショイヒ(ウィーン美術史美術館イタリア・ルネサンス美術担当学芸員)
「イタリア美術コレクターとしてのハプスブルク家」

日時:2019年11月30日(土)14:00〜15:30
山之内克子(神戸市外国語大学教授)
「世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔」

日時:2020年1月11日(土)14:00〜15:30
中田明日佳(国立西洋美術館主任研究員)
「ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に」

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法:
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

  • 講演会/シンポジウム
  • ギャラリートーク/スライドトーク
  • 展覧会プログラム
  • 美術トーク/建築ツアー
  • ファミリープログラム
  • コンサート
  • ファン・デー
  • ファン・ウィズ・コレクション
  • 美術館でクリスマス