トップページ » イベント » 講演会/シンポジウム

講演会/シンポジウム

当館の研究員、あるいは国内外の専門家を招いて、展覧会等に関連した講演会、シンポジウムを無料で行っています。

過去の情報はこちら

松方コレクション展

講演会

日時:2019年6月11日(火)14:00〜15:30※同時通訳つき
ブリュノー・マルタン(フランス文部省・建築文化財メディアテーク)
「写真家ピエール・シュモフのカメラがとらえた松方コレクション」

日時:2019年6月15日(土)14:00〜15:30
邊牟木尚美(国立西洋美術館研究員)
「松方コレクション展と作品修復」

日時:2019年7月20日(土)14:00〜15:30
宮崎克己(昭和音楽大学教授)
「印象派ブームわき起こる〜第一次大戦直後の日本」

日時:2019年9月7日(土)14:00〜15:30
陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員)
「松方コレクション 百年の流転」

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

国際シンポジウム
「近代の女性芸術家たち:フィンランドと日本」

日時:2019年6月21日(金)14:00〜18:00※同時通訳つき

登壇者:
アンナ=マリア・フォン・ボンスドルフ(フィンランド国立アテネウム美術館主席学芸員)
アヌ・ウトリアイネン(フィンランド国立アテネウム美術館上級研究員)
アンナ=マリア・ウィルヤネン(フィンランドセンター所長)
児島 薫(実践女子大学教授)
主催:
国立西洋美術館
助成:
公益財団法人野村財団、公益財団法人吉野石膏美術振興財団
パンフレット

(PDFファイル 2,161KB)

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
先着130 名(聴講無料。ただし、聴講券と観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは、開演の30 分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※シンポジウムのタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

講演会

日時:2019年7月13日(土)14:00〜15:30
佐藤直樹(東京藝術大学准教授)
「ヘレン・シャルフベックと写真―バーン=ジョーンズ作品の複製写真による影響」

参加方法

会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員:
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と観覧券(半券可)が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて、観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。

ページの先頭へ戻る

国際シンポジウム
「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」

美術に関するアーカイヴの重要性が近年注目されています。美術史研究では、特定の芸術家や美術館、コレクションの全作品を網羅した書物のことを「カタログ・レゾネcatalogue raisonné」と呼び、作家・コレクションに関する必須の文献とみなしていますが、その編纂に際し、作家・作品研究とともに、アーカイヴ資料(手紙、日誌、作品売買記録、所蔵品台帳、写真記録、画廊ラベル等)やドキュメンテーション資料(新聞・雑誌記事、展覧会冊子等)がきわめて重要な役割を果たしていることは見落とされがちです。そこでデジタル時代において一層の重要性を増しつつあるカタログ・レゾネに着眼点を置きつつ、その編纂過程で重要な役割を果たすアーカイヴ資料、ドキュメンテーション資料について多様な視点から考察します。
本シンポジウムは19世紀フランス美術に関するカタログ・レゾネ編纂拠点として世界に名高いウィルデンスタイン・プラットナー研究所と国立西洋美術館とが共同で開催するものです。美術史研究の視点からアプローチすることで、従来アーカイヴの文脈では等閑視されてきた新しい論点の提示を試みます。

日時:
2019年7月10日(水)10:00〜17:30
会場:
国立西洋美術館講堂(地下2階)
主催:
ウィルデンスタイン・プラットナー研究所、国立西洋美術館
料金:
無料(展覧会鑑賞は含まれません。展覧会ご鑑賞には別途観覧券が必要です。)
定員:
先着90名(事前申し込みが必要。申込み方法は下記をご覧ください。)
使用言語:
日・英(※同時通訳つき)
登壇者、発表内容:

・エリザベス・ゴレイエブ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所所長)「ウィルデンスタイン・プラットナー研究所──デジタル世代に向けての新しいカタログ・レゾネとアーカイヴ調査」
・フロランス・ソニエ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所パリ事務所長)、ソフィ・ピエトリ(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所アーカイヴ部門長)、パスカル・ペラン(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所研究部門長)「アーカイヴと資料、ドキュメンテーション──デジタル時代における収集・分析・活用」
・ポール=ルイ・デュラン=リュエル(デュラン=リュエル画廊アーカイヴ)「デュラン=リュエル画廊とそのアーカイヴ」
・陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員)、川口雅子(国立西洋美術館情報資料室長)「ミュージアム・ドキュメンテーションと『松方コレクション 西洋美術全作品』編纂」
・山梨絵美子(東京文化財研究所副所長)「矢代幸雄の東洋美術総目録構想とデジタル時代の美術アーカイヴ」
・竹内順一(東京芸術大学名誉教授/茶道美術史家)「空前絶後のカタログ・レゾネ『大正名器鑑』──茶道具名物記の歴史を踏まえて」
※内容は予告なく変更となる場合があります。

申込方法

件名に「シンポジウム参加」とご記入いただき、ご氏名、ご所属、ご連絡先メールアドレスを添えて、下記宛に電子メールにてお申込みください。

申込先:
E-mail
申込締切:
2019年7月8日(月)

ページの先頭へ戻る

  • 講演会/シンポジウム
  • ギャラリートーク/スライドトーク
  • 展覧会プログラム
  • 美術トーク/建築ツアー
  • ファミリープログラム
  • コンサート
  • ファン・デー
  • ファン・ウィズ・コレクション
  • 美術館でクリスマス