トップページ » 当館について » 美術館の建物

美術館の建物

概要

所在地
東京都台東区上野公園7番7号
土地
所有地 2,208平方メートル
借用地 7,080平方メートル
計 9,288平方メートル
建物
建築総面積 3,636平方メートル
延床面積  17,369平方メートル
展示室   4,420平方メートル
収蔵庫   1,097平方メートル
施設概要  本館、新館、渡り廊下、企画展示館

写真:新良太

各施設

本館

戦後、日仏間の国交回復・関係改善の象徴として、20世紀を代表する建築家のひとりであるフランス人建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)の設計により、1959(昭和34)年3月に竣工した歴史的建造物である。1998(平成10)年に地域に根ざした優れた公共施設として建設省より「公共建築百選」に選定され、2007(平成19)年には国の重要文化財(建造物)に指定された。

写真:新良太

階数
地上3階、地下1階、塔屋1階
構造
鉄筋コンクリート造
設計
ル・コルビュジエ(Le Corbusier)
監理
坂倉準三、前川國男、吉阪隆正
文部省管理局教育施設部工営課(当時)
施工
清水建設株式会社
着工
1958(昭和33)年3月
竣工
1959(昭和34)年3月
建築面積
1,587平方メートル
延床面積
4,399平方メートル
展示室
1,533平方メートル
指定等
1998(平成10)年 公共建築百選(建設省)
2003(平成15)年 日本におけるDOCOMOMO100選
2007(平成19)年 重要文化財(建造物)
ル・コルビュジエ

写真:ル・コルビュジエ
開館当時(1959年)の国立西洋美術館
ル・コルビュジエ設計の本館(写真:国立西洋美術館)

ル・コルビュジエ(1887−1965)は、スイスのラ・ショ−=ド=フォンに生まれ、当地の美術学校で学んだ後、ウィーン、ベルリンで建築・工芸の新しい運動に触れ、パリでキュビスムの影響を受けました。
1918年、理性的で秩序のある構成を目指すピュリスム(純粋主義)を唱え、画家としてデビューし、雑誌「エスプリ・ヌーヴォー」でそのピュリスム運動を展開しました。
建築は、ペレ、ベーレンスに短期間師事したほかは独学で、1927年、ジュネーヴの国際連盟本部の設計コンペティションに当選して建築家としての名をあらわしました。代表的な建築は、ポワッシイのヴィラ・サヴォア(1929−31)、マルセーユのユニテ・ダビタシヨン(1947−52)、ロンシャンの聖堂(1950−54)などがあります。
ル・コルビュジエ建築の特徴は、ピロティー(柱)、骨組みと壁の分離、自由な平面、自由な立面、屋上庭園にあります。当美術館の本館はこれらに加え、展示室の中心にスロープで昇っていく渦巻き形の動線に特徴があります。

新館

国立西洋美術館設立20周年の記念すべき年(1979年)に竣工した。ル・コルビュジエの設計した本館と一体に機能するように新館を増築。外壁はオープンジョイントのPC板を採用し、躯体外側で断熱する二重構造となっている。本館と一緒になって三本の欅・銀杏・楠などを抱き込むように配置され、それによって緑ふかい中庭が作り出された。

階数
地上2階、地下2階
構造
鉄筋コンクリート造
設計監理
株式会社前川國男建築設計事務所
施工
清水建設株式会社
着工
1977(昭和52)年8月
竣工
1979(昭和54)年5月31日
建築面積
1,480平方メートル
延床面積
4,902平方メートル
展示室
1,525平方メートル
収蔵庫
676平方メートル

企画展示館

企画展示館は21世紀に向けた企画・特別展、修復保存、美術教育、情報資料部門等を中心とした美術館活動の一層の充実を図る目的で建設されたものである。設計にあたっては利用者にとって快適であり、周辺環境に配慮した上野公園内施設にふさわしい建物であることを目指した。この建物は大きく次の3部門から構成されている。
展示部門:企画・特別展専用の展示室を前庭地下2階の1フロアにまとめ、収蔵庫、講堂を展示室に近接して配置した。本館1階エントランスロビーから階段とエレベーターにより展示ロビー、展示室にアプローチし、エスカレーターにより本館エントランスロビーに戻るワンウェーの展示経路とした。
研究部門:修復保存、教育普及、情報資料部門の各研究部門を本館、新館とつながる本館西側に配置した。
管理部門:管理部門の各室は研究部門同様、西側道路に面して配置した。

階数
地上2階、地下4階
構造
鉄骨鉄筋コンクリート造
設計監理
建設省関東地方建設局営繕部
株式会社前川建築設計事務所
施工
清水建設株式会社
株式会社九電工
東洋熱工業株式会社
株式会社城口研究所
着工
1994(平成6)年3月
竣工
1997(平成9)年12月25日
建築面積
524平方メートル
延床面積
7,979平方メートル
展示室
1,362平方メートル
収蔵庫
421平方メートル

ページの先頭へ戻る

「建築探検マップ」PDF版

「美術館には、絵や彫刻と同じくらい重要なものがあります。それは、建築。
国立西洋美術館の本館を設計した建築家ル・コルビュジエは、身体のサイズを利用した‘モデュロール’という特別の定規や、それまでとは違う方法を使って新しい建築を考えました。1959年にできた本館には、ル・コルビュジエのいろいろなアイデアが活かされています。この建築探検マップには、本館の魅力を確かめることのできる16のチェックポイントがのっています。それらを確認しながら、ル・コルビュジエの美術館をスミからスミまで探検してみましょう。」(「建築探検マップ」より)

「建築探検マップ」は、2004年の教育普及プログラム「建築探検─ぐるぐるめぐるル・コルビュジエの美術館」の際に作成したワークシートを再活用し、一部内容をあらためて、常設展示室で無料配布しているものです。

■日本語/Japanese (PDFファイル約2.5 MB)
(最終更新日:2013年5月)
■英語/English (PDFファイル約1.5 MB)
■仏語/French (PDFファイル約1.7 MB)
■中国語(繁体字)/Chinese (PDFファイル約1.2 MB)
■中国語(簡体字)/Chinese (PDFファイル約1.2 MB)
■韓国語/Korean (PDFファイル1.7 MB)

ページの先頭へ戻る

  • 美術館概要
  • 美術館の歴史
  • 松方コレクション
  • 美術館の建物