トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介

作品紹介

過去の情報はこちら

おもな収蔵品

国立西洋美術館のコレクションは、1959年に370点におよぶ松方コレクションが核となって始まりました。現在では、絵画、彫刻、素描、版画、工芸などの分野にわたり、およそ6,000点の作品を所蔵しています。ここでは、14世紀から20世紀初頭までの絵画と彫刻の作品59点を紹介します。

  • 14世紀〜16世紀
(後期ゴシック、ルネサンス、  マニエリスム)
  • 17世紀
(バロックなど)
  • 18世紀
(ロココなど)
  • 19,20世紀
(第二次大戦前)
  • 20世紀
(第二次大戦後)

ページの先頭へ戻る

音声ガイド

当館常設展示室入口前で貸出しを行っていますので、是非ご利用ください。

団体のお客様は、予約を承っております。こちらをご覧ください。

■常設展(所蔵作品展)音声ガイド(300円)

モネの《睡蓮》やロダンの彫刻作品など、当館の所蔵する西洋美術の名品の中から約30点を選び、その作家や作品の特徴などについて解説しています。(約40分)

■建築音声ガイド(300円)

ル・コルビュジエの建築の特徴が表れた箇所を、マップを見て実際にご覧いただきながら、お聞きいただけます。(約20分)

音声ガイド

ページの先頭へ戻る

Google Arts & Culture

当館研究員によるギャラリートークの動画を公開しています。「Curators' Talks on the Collection of NMWA, Part I」(本館に展示される作品より9点)、「Curators' Talks on the Collection of NMWA, Part II」(新館に展示される作品より9点)を日本語、英語、中国語、韓国語で紹介しています。
絵画のタッチが見えるような大きさまで拡大できる高精細な画像と共に、研究員が各作品の見どころなどをおよそ3分にわたり解説した動画をご覧いただけます。
また、世界遺産に登録された当館の建物や展示室内を、実際に歩いて巡っているような感覚でご覧いただけるミュージアムビューも公開中です。ご自宅などお好きな場所から国立西洋美術館の建物や作品をお楽しみいただけるサービスにぜひアクセスしてみてください。

Google Arts & Culture

ページの先頭へ戻る

当館の常設展示室内で毎週末に実施しています「美術トーク」については、こちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引