トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介 » 19,20世紀 » 作品詳細

作品紹介

19,20世紀
(第二次大戦前)

写真:エミール=アントワーヌ・ブールデル 弓をひくヘラクレス)

  • エミール=アントワーヌ・ブールデル
  • 1861年-1929年
  • 弓をひくヘラクレス
  • 1909年
  • ブロンズ 250 x 240 x 90 cm
  • 台座正面右に署名、年記、題名: HERAKLES HPAKLHS / BOURDELLE / 1909; 台座左側面に鋳造銘、鋳造番号: No8 / SUSSE. FONDEUR. PARIS.BY BOURDELLE
  • S.1966-0002
  • 詳細はこちらから>>

ブールデルの名を不朽のものとした本作品は、ギリシャ神話の英雄へラクレスの「十二の功業」の一つに主題を借りている。へラクレスが怪鳥ステュムファリデスを射るために渾身の力で弓をひき、まさに矢を放とうとする瞬間を捉えている。隆々たる筋肉におおわれた緊張感あふれるヘラクレスの肉体は、ロダンのなまなましく息づいているような人体と比較するならば、驚嘆すべきエネルギーに満ちている。1910年のソシエテ・ナショナル・デ・ボザールのサロンに出品された本作品は、極めて好意的に迎えられ、批評家シャルル・モーリスは「レアリスムがイデアリスムの域にまで達している」と絶讃した。

(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 142)


(撮影:坂本万七写真研究所)

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引