トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介 » 14世紀〜16世紀 » 作品詳細

作品紹介

14世紀〜16世紀
(後期ゴシック美術、ルネサンス美術、マニエリスム美術)

写真:ティントレット ダヴィデを装った若い男の肖像)

  • ティントレット
  • 1518年 - 1594年
  • ダヴィデを装った若い男の肖像
  • 1555-60年頃
  • 油彩/カンヴァス 124.5 x 96.5 cm
  • P.1971-0002
  • 詳細はこちらから>>

この作品はイギリスの著名な美術史家ケネス・クラーク卿がかつて所蔵していたもので、肖像の主を、旧約聖書(「サムエル記」上17章)で名高いイスラエルの英雄ダヴィデの姿を借りて表現している。左側の背景にはダヴィデに殺されたペリシテ人ゴリアテの屍体と敗走する敵軍が「ドラクロワを想わせる」(クラーク卿)動感ゆたかな筆致で描き出されている。制作時期については1544-50年とする説(フォン・デル・べルッケン)と1550年代後半とする説(パルッキーニ、ロッシ)があるが、後者の方が妥当であろう。描かれている人物はおそらくダヴィデという名をもった名家の青年と思われる。なおベネシュは、ティントレットの孫弟子にあたるフランドルの画家ヒリス・ファン・ファルケンボルフ(1570頃-1622)がペリシテ人たちの闘争の場面を描き加えたとの仮説を出しているが、ロッシは否定している。

(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 18)

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引