トップページ » 展覧会 » 過去の展覧会

過去の展覧会

[新館 版画素描展示室]
世紀末の幻想――近代フランスのリトグラフとエッチング

会期:
2015年3月17日(火)〜5月31日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、3月30日、5月4日、5月18日は開館)
会場
国立西洋美術館 版画素描展示室
主催
国立西洋美術館
観覧料金:
当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家」の観覧券でご覧いただけます。
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下及び18歳未満、65歳以上は無料
(入館の際に学生証または年齢の確認できるものをご提示ください)
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
《『レ・カンティレーヌ』のための挿絵: 返ってくる声》

エミール・ベルナール
《『レ・カンティレーヌ』のための挿絵: 返ってくる声》
1892年頃 ジンコグラフ

 19世紀末、多くの画家たちが積極的に版画に着手し、独創的な表現を探究したことで、フランスにおける版画芸術はいっそうの華やぎを見せました。
 本展は、当館に所蔵される世紀転換期の版画のなかから、フランスで名の知られた画家が手がけ、独特な幻想性をおびたリトグラフ(ジンコグラフ[亜鉛版リトグラフ]を含む)とエッチングを中心に紹介するもので、これまで公開が稀であった作品を多く展示します。また当館の常設展示室では、こうした画家たちの絵画作品もご覧いただけます。この機会に、画家たちの意外な一面を発見する愉しみや、異なる技法による作品の表現様式を比べる面白さを味わっていただければ幸いです。

《荊冠を被った女(沈黙)》

アンリ=ジャン=ギヨーム・マルタン
《荊冠を被った女(沈黙)》
1897年 多色刷りリトグラフ

《銘々用のワイングラス・クーラー(「カルトジオ会修道院」セット)》

ポール=アルベール・ベナール
《見知らぬ人》
1900年 エッチング

出品リスト(PDFファイル 約70KB)

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会