トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定

今後の展覧会予定

[企画展示室]
アルチンボルド展

会期:
2017年6月20日(火)〜2017年9月24日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、7月17日、8月14日、9月18日は開館)、7月18日(火)
主催:
国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
協賛:
損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、ブレンボ
協力:
西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2017年3月21日(火)〜2017年6月19日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では2017年3月21日(火)〜2017年6月18日(日)まで販売。
前売券の販売場所はこちらでご確認ください。
※2017年6月20日(火)からは当日券販売。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
アルチンボルド展チラシ

(PDFファイル 1.28MB)

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されたアルチンボルドは、歴史上でもひときわ異彩を放つ、宮廷の演出家でした。そんな「アルチンボルド」の名は何よりも、果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々によって広く記憶されています。奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯するそれらの絵画は、暗号のようにして豊かな絵解きを誘い、20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。

本展は、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点や素描を中心に、およそ100点の出品作品により、この画家のイメージ世界の生成の秘密に迫り、同時代の文脈の中に彼の芸術を位置づけ直す試みです。日本で初めて、アルチンボルドのユーモアある知略の芸術を本格的にご紹介するこの機会を、どうかご期待ください。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《春》

ジュゼッペ・アルチンボルド
《春》
1563年 油彩/板
マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館
©Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid

《夏》

ジュゼッペ・アルチンボルド
《夏》
1572年 油彩/カンヴァス
デンバー美術館
©Denver Art Museum Collection: Funds from Helen Dill bequest, 1961.56
Photo courtesy of the Denver Art Museum

《秋》

ジュゼッペ・アルチンボルド
《秋》
1572年 油彩/カンヴァス
デンバー美術館
©Denver Art Museum Collection: Gift of John Hardy Jones, 2009.729
Photo courtesy of the Denver Art Museum

《冬》

ジュゼッペ・アルチンボルド
《冬》
1563年 油彩/板
ウィーン美術史美術館
©Kunsthistorisches Museum Wien c/o DNPartcom

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会