トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定

今後の展覧会予定

[企画展示室]
日本スペイン外交関係樹立150周年記念
プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

会期:
2018年2月24日(土)〜2018年5月27日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)
主催:
国立西洋美術館、プラド美術館、
読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ
後援:
スペイン大使館
特別協賛:
Canon
協賛:
花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、
大和証券グループ、大和ハウス工業、東レ、三井物産
協力:
西洋美術振興財団 、イベリア航空、日本貨物航空、ヤマトロジスティクス
観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2017年10月3日(火)〜2018年2月23日(金)まで販売。ただし、国立西洋美術館では2017年10月3日(火)〜2018年1月28日(日)まで販売。
前売券の販売場所はこちらでご確認ください。
※2018年2月24日(土)からは当日券販売。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※2018年2月24日(土)〜3月4日(日)は高校生無料(学生証をご提示ください)。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
巡回:
兵庫県立美術館
2018年6月13日(水)〜10月14日(日)
パンフレット

(PDFファイル 1.79MB)

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。

17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》

ディエゴ・ベラスケス
《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》
1635年頃 マドリード、プラド美術館蔵

《狩猟服姿のフェリペ4世》

ディエゴ・ベラスケス
《狩猟服姿のフェリペ4世》
1632-34年 マドリード、プラド美術館蔵

《バリェーカスの少年》

ディエゴ・ベラスケス
《バリェーカスの少年》
1635-45年 マドリード、プラド美術館蔵

《マルス》

ディエゴ・ベラスケス
《マルス》
1638年頃 マドリード、プラド美術館蔵

ⓒMuseo Nacional del Prado

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会