トップページ » 展覧会 » 過去の展覧会 » 2010年- » 展覧会詳細

過去の展覧会

  • 1960-69年
  • 1970-79年
  • 1980-89年
  • 1990-99年
  • 2000年
  • 2010-
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • アルブレヒト・デューラー版画・素描展 宗教/肖像/自然
  • 2010年10月26日(火)〜2011年1月16日(日)
  • 会期:
    2010年10月26日(火)〜2011年1月16日(日)
    入場者数:
    69,599人

アルブレヒト・デューラー(1471-1528)は、画家を志す若者たちのための芸術理論書「絵画論」の草稿で、美術に最も重要なのは「宗教・肖像・自然」であると述べました。本展覧会は、これらの主題が実際の制作でどのように視覚化されたかを見ることで、デューラーの芸術哲学に迫ろうというものです。デューラーはドイツ・ルネサンスを代表する画家ではありますが、それ以上に版画家として重要な役割を果たしました。当時、印刷術とともに発展していた版画芸術で、彼は極めて先進的な作品を遺しています。
本展は、オーストラリア、メルボルン国立ヴィクトリア美術館からの105点を中心に、国立西洋美術館の版画49点、さらにベルリン国立版画素描館からの3 点の素描を加えた計157点からなります。今回、日本で初めて公開されるメルボルンのコレクションは、19世紀末に英国人バーロウ卿が収集した質の高いものとして知られています。この機会に、デューラーによる線描の芸術をご鑑賞ください。

この他、講演会ギャラリートークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

[関連書籍]

「展覧会カタログ」
2010年発行、292頁、25.7cm×18.3cm、図版160点、モノクロ170点

[関連企画]

「黙示録―デューラー/ルドン」展
デューラーの版画「黙示録」連作(1498年)に焦点を当て、その革新性と後世への影響をたどる展覧会です。
会期:2010年10月23日(土)−12月5日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館展示室2(東京・上野公園)
*本展には、別途観覧券が必要ですのでご注意ください。

[関連シンポジウム]

「デューラー受容史500年」
日時:2010年11月13日(土)10:00−18:00
会場:明治学院大学白金校舎
主催:明治学院大学、国立西洋美術館
協力:ドイツ語圏美術史研究連絡網
お問い合わせ:明治学院大学文学部芸術学科共同研究室 03-5421-5380
※一般聴講可。事前申し込み不要。無料で聴講いただけます。

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会