トップページ » 展覧会 » 開催中の展覧会

開催中の展覧会

[企画展示室]
ミケランジェロと理想の身体

会期:
2018年6月19日(火)〜2018年9月24日(月・休)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後9時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日、7月17日(火)(ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館)
主催:
国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
後援:
外務省、イタリア大使館
協賛:
大日本印刷
協力:
アリタリア-イタリア航空、日本貨物航空、西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2018年3月21日(水・祝)〜2018年6月18日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では開館日のみ、2018年3月21日(水・祝)〜2018年6月17日(日)まで販売。
前売券の販売場所はこちらでご確認ください。
※2018年6月19日(火)からは当日券販売。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
パンフレット

(PDFファイル 1.83MB)

彫刻、絵画、建築のすべての分野で名をなし「神のごとき」と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》はあまりにも有名です。しかし、自らを語る時、彼はあくまで「彫刻家」という肩書にこだわりました。

二十代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な《ダヴィデ》など、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされています。そのため、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会は、これまで日本では実現がきわめて困難でした。

本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》というミケランジェロ彫刻の傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《ダヴィデ= アポロ(全身)》
ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》
1530 年頃 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵
高さ147cm 大理石
Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities

《ダヴィデ= アポロ(顔)》
ミケランジェロ・ブオナローティ 《若き洗礼者ヨハネ》
1495-96年 ウベダ、エル・サルバドル聖堂/ハエン(スペイン)、
エル・サルバドル聖堂財団法人蔵
高さ130cm 大理石
Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain), Fundacion Sacra Capilla del Salvador © Ministero per I Beni e Le Attivitá Culturali e del Turismo, Opificio Delle Pietre Dure

出品リスト(PDFファイル 約312KB)

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会予定
  • 過去の展覧会