トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定

今後の展覧会予定

[企画展示室]
ルーベンス展―バロックの誕生

会期:
2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)
開館時間:
9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜20:00
(ただし11月17日は9:30〜17:30まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)〜2019年1月1日(火)、1月15日(火)
主催:
国立西洋美術館、TBS、朝日新聞社
後援:
ベルギー大使館、イタリア大使館、ベルギー・フランダース政府観光局、BS−TBS、TBSラジオ
特別協賛:
大和証券グループ
協賛:
NISSHA株式会社、あいおいニッセイ同和損保、三井物産、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社シュガーレディ
協力:
アリタリア、日本貨物航空、日本航空、日本通運、ルフトハンザカーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空、西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2018年7月2日(月)〜2018年10月15日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では開館日のみ、2018年7月3日(火)〜2018年10月14日(日)まで販売。
前売券の販売場所はこちらでご確認ください。
※2018年10月16日(火)からは当日券販売。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
パンフレット

(PDFファイル 3.50MB)

ペーテル・パウル・ルーベンス(1577−1640)は、バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17 世紀ヨーロッパを代表する画家です。彼は大工房を構え時代に先駆ける作品を量産し、同時代以降の画家たちに大きな影響を与えました。さらにその能力は画業にとどまらず、ヨーロッパ各地の宮廷に派遣されて外交交渉をも行いました。

本展覧会はこのルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介します。イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロック美術の中心もローマでした。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。そして1600年から断続的に8年間この地で生活し、そこに残る作品を研究することで、自らの芸術を大きく発展させたのです。本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を明らかにします。近年では最大規模のルーベンス展です。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》
ペーテル・パウル・ルーベンス《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》
1615-16年 油彩/板で裏打ちしたカンヴァス 37.3×26.9cm
ファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》
ペーテル・パウル・ルーベンス《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》
1615-16 年 油彩/カンヴァス 243.5×345.5cm
ファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会予定
  • 過去の展覧会