トップページ » 展覧会 » 過去の展覧会

過去の展覧会

  • 1960-69年
  • 1970-79年
  • 1980-89年
  • 1990-99年
  • 2000年
  • 2010-
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年

[企画展示室]
ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場

会期:
2014年4月8日(火)〜6月15日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、5月5日は開館)、5月7日(水)
主催:
国立西洋美術館、読売新聞社
協力:
西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般600円、大学生300円
団体:一般400円、大学生150円
※団体料金は20名以上。
※高校生以下および18歳未満の方は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるものをご提示ください。)
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
※本展の観覧券で「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」展も併せてご覧いただけます。
※東京・春・音楽祭2014 ミュージアムコンサートセット券(一般のみ)についてはこちらをご覧ください。
関連書籍:
ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場 展覧会カタログ
2014年発行、213頁、高さ24.4cm
ISBN:978-4-907442-01-9
展覧会カタログご購入法
入館者数:
57,701人
ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場

(PDFファイル 約2.61MB)

ジャック・カロ(1592-1635)は、17世紀初頭のロレーヌ地方が生んだ、優れた技量と豊かな創造性を兼ね備えた版画家です。若い頃に滞在したイタリアでは、メディチ家の宮廷附き版画家に抜擢され、1621年の帰郷後も、ロレーヌの宮廷や貴族たち、聖職者たちのためのみならず、周辺諸国の貴顕たちの注文にも応えて制作を行うなど、華やかなキャリアを築きました。

わずか40数年の生涯に残した作品の数は1400点以上にのぼります。当時の喧騒が今にも聞こえてきそうな祝祭や市の様子、民衆喜劇(コメディア・デラルテ)の役者たちや道化たちを描いたもの、対抗宗教改革の潮流を映した作品群、社会を暗い影で包んだ戦争に取材したもの、イタリアや1630年頃に滞在したパリ、故郷ロレーヌの風景・・・、多彩な主題を扱った画面の中では、現実に向けられた鋭いまなざしと、想像力に富んだ着想が交錯する、独特の世界が作り上げられています。また、カロは試行錯誤を重ね、腐食銅版画(エッチング)の技法に新境地を開いたことでも知られます。この新しい技法から生み出された、ときに明暗を鮮やかに対比し、ときに柔らかな空間の広がりを詩情豊かに描き出す線の表現の美しさは、見るほどに深い驚きをもたらします。

本展覧会では、国立西洋美術館のコレクションに基づいて、初期から晩年に至るカロの作品を、年代と主題というふたつの切り口からご紹介します。カロの活動の軌跡をたどりつつ、リアリズムと奇想が共演するその版画世界をご覧いただきます。さらに、作品を通して、当時の芸術的潮流や社会の諸相に対するカロの姿勢を探っていくことも、この展覧会の狙いです。

この他、講演会スライドトークコンサートも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《アルノ川の祝祭(扇)》

ジャック・カロ
《アルノ川の祝祭(扇)》 1619年 
エッチング、エングレーヴィング 国立西洋美術館

《二人のザンニ(喜劇の従者役》

ジャック・カロ
《二人のザンニ》 1616年頃

エッチング 国立西洋美術館

出品リスト(PDFファイル 約437KB)

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会