トップページ » 展覧会 » 開催中の展覧会

開催中の展覧会

[新館展示室内]
日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念
スケーエン:デンマークの芸術家村

会期:
2017年2月10日(金)〜2017年5月28日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、3月20日、3月27日、5月1日は開館)、3月21日(火)
会場:
国立西洋美術館 新館展示室
主催:
国立西洋美術館、スケーエン美術館、東京新聞
後援:
デンマーク王国大使館、デンマーク文化庁
助成:
スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団
協力:
ヤマトロジスティクス株式会社、西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般430円(220円)、大学生130円(70円)
※本展は常設展の観覧券、または「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」(2月28日〜5月28日)の観覧券でご覧いただけます。
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下および18歳未満、65歳以上の方は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるものをご提示ください)
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
※毎週土曜日の夜間開館時(午後5時〜午後8時)、および毎月第2・第4土曜日は無料
関連書籍:
スケーエン デンマークの芸術家村
展覧会カタログ
2017年発行、157頁、高さ24cm
ISBN:978-4-907442-14-9
展覧会カタログご購入法
2017skagen

(PDFファイル 670KB)

潮風が舞う荒野、白い砂浜、どこまでも広がる空と海。バルト海と北海にはさまれたユトランド半島の最北端に位置するスケーエンは、19世紀のデンマークの人々にとって、自国の中の異郷でした。しかし1870年代から、首都コペンハーゲンで活動していた若い画家たち数人がここを訪れ、その広漠とした自然の光景に惹きつけられます。スケーエンの独特の風土は次第に芸術家たちのあいだで関心を呼び、鉄道の駅も港さえもなかった小さな漁村は、19世紀末から20世紀初めにかけて、北欧の国々から画家や詩人、作曲家などが集まる国際的な芸術家村として知られるようになりました。

スケーエンを制作の拠点とした画家たちは、フランスに発祥してヨーロッパ絵画の新しい潮流となっていた自然主義の考え方に立ち、漁師たちの労働、海辺の風景、素朴な村人たちの生活、芸術家とその家族の日常を題材とした作品を描きました。現実そのものの中から自然と人間の本質にかかわる主題を見出した彼らの作品は、当時のデンマークの美術界に「近代の革新」と呼ばれる転換をもたらし、今日もなおみずみずしい魅力を放っています。

デンマークと日本の外交関係樹立150周年を記念して開催される本展は、スケーエン美術館が所蔵する59点の作品により、デンマークの近代美術を代表するスケーエン派の絵画を紹介します。

この他、講演会も予定されています。詳細は講演会のページをご覧ください。

《ばら》

ペーダー・セヴェリン・クロヤー
《ばら》
1893年 油彩、カンヴァス
スケーエン美術館
©The Art Museums of Skagen

出品リスト(PDFファイル 約68KB)

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会