トップページ » イベント » ファン・ウィズ・コレクション

ファン・ウィズ・コレクション

Fun with Collectionでは、国立西洋美術館の所蔵作品を中心に、毎回特定のテーマを設けて美術作品を紹介しています。 子どもから大人までを対象に、美術作品を様々な視点から鑑賞する機会を提供して、美術作品をより身近なものとして理解し、楽しんでもらうことを目的としています。

過去の情報はこちら

Fun with Collection 2017
ル・コルビュジエの芸術空間―国立西洋美術館の図面からたどる思考の軌跡

ファンウィズコレクションPDF

2016年に続き、今年も、ル・コルビュジエが設計した本館の建物をとりあげます。

ル・コルビュジエは建築を設計する際、研究を重ねたうえでプロトタイプ(基本型)を作成し、実際に建設される敷地や環境に応じてプロトタイプに変更を加えて完成させるという手法を用いました。所蔵品の増加とともに展示室を増築していくことを基本理念とするプロトタイプ「無限成長美術館」をもとに、彼は松方コレクションを収蔵・展示するための美術館を上野公園に設計しました。

本企画では、現存する302点におよぶ本館設計に関わる資料の中から、厳選した34点の図面やスケッチの複製を用いて、ル・コルビュジエがプロトタイプをどのように日本側の希望と上野という敷地に適応させていったのかを小展示で紹介し、展示に関連して様々なプログラムを行います。



A講演・対談プログラム

モデレーター:千代章一郎氏(広島大学大学院准教授)

会場:国立西洋美術館
定員:各日先着130名
*聴講券と観覧券(半券可)が必要です。

①「ル・コルビュジエの今日的意味」

日時:
6月17日(土)14:00−15:30
講師:
伊東豊雄(建築家)

②「成長する施設:近代の矛盾の写し鏡」

日時:
7月16日()14:00−15:30
講師:
塚本由晴(東京工業大学大学院教授・建築家)
 
※講師の都合により日程が変更となりました。
Bギャラリートーク

展示のみどころについて、会場で簡単な解説を行います。

*観覧券が必要です。

日時:
6月24日(土)、7月8日(土)、8月26日(土)、9月9日(土)
各回18:00〜18:40
会場:
新館2階版画素描展示室(常設展内)
解説:
寺島洋子(国立西洋美術館主任研究員)
C創作・体験プログラム

①「フォトモで楽しむ本館」
参加者が撮影した本館の写真を、講師の制作技法にならって立体に作り上げます。

*観覧券が必要です。

日時:
7月22日(土)10:00〜17:00
講師:
糸崎公朗(美術家・写真家)
対象:
一般(高校生以上)
定員:
先着15名

②「読図クラブ」
馴染みのない建築図面の読み方について学び、完成した建物の姿を図面から想像します。

*観覧券が必要です。

日時:
8月5日(土)10:00〜12:00 14:00〜16:00
講師:
奥矢恵(建築デザイナー)
対象:
一般(高校生以上)
定員:
各回先着15名

参加方法

プログラムはすべて無料ですが観覧券が必要となりますのご注意ください。

A:当日12:00より館内インフォメーションにて観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配布します。

B:当日、18:00に新館2階休憩室(常設展内)にお集まりください。

C:先着順の事前申込制(6月26日(月)から受付を開始します)
申込用紙は館内のチラシ台、あるいは本ページからプリントアウトして入手することができます。申込の締切状況は、本ページでご確認ください。

  • ■「フォトモで楽しむ本館」:申込用紙(1)[PDF:140KB]に必要事項をご記入の上、FAX(03-3828-5797)でお申し込みください。
  • ■「読図クラブ」:申込用紙(2)[PDF:144KB]に、希望の回(午前か午後)と必要事項をご記入の上、FAX(03-3828-5797)でお申し込みください。
ボランティアートPDF

アートでうちわ!2017

ボランティアートは、当館のボランティアスタッフが企画する予約不要の立ち寄りプログラムです。
今年も、昨年に引き続きうちわ作りのワークショップを行います!
どなたでもお気軽にお立ち寄りください。

日時:
2017年8月19日(土)、20日(日)
両日とも10:00〜16:00
※材料がなくなり次第終了します。
場所:
新館2階ワークショップルーム(常設展内)
事前申込:
不要。ただし、おひとり1つ限り。各日先着250名。
料金:
無料(常設展観覧券が必要です)

ページの先頭へ戻る

  • 講演会/シンポジウム
  • ギャラリートーク/スライドトーク
  • 展覧会プログラム
  • 美術トーク/建築ツアー
  • ファミリープログラム
  • コンサート
  • ファン・デー
  • ファン・ウィズ・コレクション
  • 美術館でクリスマス