トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介 » 14世紀〜16世紀 » 作品詳細

作品紹介

14世紀〜16世紀
(後期ゴシック美術、ルネサンス美術、マニエリスム美術)

写真:マリオット・ディ・ナルド 説教する聖ステパノ/ユダヤ法院での聖ステパノ
(© Copyright NMWA)
写真:マリオット・ディ・ナルド 聖ステパノの殉教/聖ステパノの埋葬
(© Copyright NMWA)
写真:マリオット・ディ・ナルド 聖ステパノの遺体を運ぶ航海/聖ステパノと聖ラウレンティウスの遺体の合葬
(© Copyright NMWA)

  • マリオット・ディ・ナルド
  • 活動記録1394年 - 1424年
  • 「聖ステパノ伝」を表した祭壇画
    プレデッラ3点
  • 1408年
  • テンペラ/板
  • 説教する聖ステパノ/ユダヤ法院での聖ステパノ
  • テンペラ/板 30 x 57.3 cm
  • P.1993-0001
  • 詳細はこちらから>>
  • 聖ステパノの遺体を運ぶ航海/聖ステパノと聖ラウレンティウスの遺体の合葬
  • テンペラ/板 29.6 x 57.5 cm
  • P.1993-0003
  • 詳細はこちらから>>

これら3点の作品は、本来、イタリア中世後期にさかんに制作された大型の多翼祭壇画(ポリプティク)の下部の層をなす「プレデッラ」と呼ばれる部分を構成していた絵である。もともと左から右へ、(1)-(2)-(3)の順で並べられ、一人の聖人の生涯を物語として展開している。マリオットはこの祭壇画を、フィレンツェ近郊のサント・ステーファノ・イン・パーネ聖堂にある世俗同信会の礼拝堂のために、1408年に制作したことが判明している。しかしこの祭壇画は、のちにばらばらに散逸してしまった。同じ祭壇画に由来する他のパネルは、現在アメリカのミネアポリス美術研究所、ポール・ゲッティ美術館、グランド・ラピッズ美術館に所蔵されている。
本作品は、初期キリスト教時代の聖人である聖ステパノの物語を表している。ステパノの生涯は、新約聖書の「使徒行伝」と、中世に著わされた聖人伝「黄金伝説」の中に詳しく記されており、彼はエルサレムのユダヤ法院で説教を行い、キリストを処刑した人々の頑迷をとがめたため、石で打ち殺された。この出来事により、彼はキリスト教の最初の殉教者となった。3点の作品は、建築モティーフあるいは風景モティーフによってほぼ均等に左右の場面に分けられ、合計6つのエピソードを描いている。
(1)-左:ステパノ(青い助祭服を着る)は女たちに囲まれて説教をしている。異教徒の2人の老人がステパノと議論をするが、対抗できない。
(1)-右:ステパノは大勢の老人に囲まれて建物の中にいる。場所は、ステパノが引き立てられたユダヤの法院で、聖者は大祭司と長老たちを論難する。
(2)-左:ステパノは激怒した人々によって石で打たれ、殉教する。
(2)-右:埋葬されるステパノ。
(3)-左:イエルサレムに滞在していた総督の妻ユリアナは、夫の遺骨と誤って、ステパノの遺体を舟でコンスタンティノポリスに運ぶ。その航海の間、悪魔が嵐を起こす。
(3)-右:テオドシウス帝の命により、ステパノの遺体はコンスタンティノポリスからローマに移される。そこで、聖ラウレンティウスの遺体とともに合葬された。
つまり、聖人伝の物語的連作という伝統的なテーマを、ちょうど絵巻物のように横方向に展開させているわけである。生き生きとしたテンペラ絵具の色彩、いまだ中世的な空間構成など、イタリア後期中世の物語画の様式を典型的に示す作例である。とりわけ、3番目の作品に見られる想像力豊かな海景の描写、埋葬の場面に見られる人物たちの性格づけの巧みさは、このパネルを特に魅力的な一品にしている。

(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 3-5)

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引