トップページ » 所蔵作品 » 作品紹介 » 17世紀 » 作品詳細

作品紹介

17世紀
(バロック美術など)

写真:グイド・レーニ ルクレティア)

  • グイド・レーニ
  • 1575年 - 1642年
  • ルクレティア
  • 1636-38年頃
  • 油彩/カンヴァス 101.5 x 82 cm
  • P.2001-0001
  • 詳細はこちらから>>

ルクレティアは、ローマ史に登場する女性で、タルクィニウス・コッラーティヌスの妻。ローマ王の息子セクトゥス・タルクィニウスによる陵辱を恥じとして、短剣で胸を突いて自殺した。この事件は王政に対する反感を盛りあげ、ローマが共和制に移行するきっかけとなった。美術の主題としての彼女は、貞節に殉じた女性、悪徳に対する報いの象徴と解釈される一方で、キリスト教倫理に反して自殺した女性として、両義的な意味をもって描かれている。
本作を描いたグイド・レーニは、グエルチーノと並んで、17世紀のボローニャ派を代表する画家。ラファエッロや古代の画家を深く研究し、古典主義的な様式を示しているが、本作ではさらに、後期の特徴となる洗練された、色調の抑制された描法を見せている。

(出典: 国立西洋美術館展示室解説パネル)

  • 常設展
  • 作品紹介
  • 作品検索
  • 総索引