トップページ » 展覧会 » 過去の展覧会 » 2000-2009年 » 展覧会詳細

過去の展覧会

  • 1960-69
  • 1970-79
  • 1980-89
  • 1990-99
  • 2000-09
  • 2010-
  • 2000年
  • 2001年
  • 2002年
  • 2003年
  • 2004年
  • 2005年
  • 2006年
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜
  • 2008(平成20)年3月4日(火)−5月18日(日)
  • 会場:
    国立西洋美術館
    後援:
    外務省、文化庁、イタリア大使館
    入場者数:
    238,352人
    関連書籍:
    ウルビーノのヴィーナス / 渡辺晋輔, 金山弘昌, 読売新聞東京本社文化事業部編集
    東京 : 読売新聞東京本社, c2008
    280p ; 30cm
    ISBN: 978-4-906536-42-9

    ヴィーナス・メタモルフォーシス : 国立西洋美術館『ウルビーノのヴィーナス展』講演録 / 浦一章 [ほか] 著
    東京 : 三元社, 2010
    234p ; 20cm
    ISBN: 9784883032778

    ルネサンスのエロティック美術 / 越川倫明編
    東京 : 東京藝術大学出版会, 2011.3
    201p ; 20cm
    ISBN: 9784904049242

本展では、古代、ルネサンス、そしてバロック初めに至るまでの、ヴィーナスを主題とする諸作品を展示します。ヴィーナスの神話が、いかに古代の芸術家の霊感を刺激したのか、そして古代文化が再生したルネサンスにおいて、どのようにヴィーナスの図像が復活、発展したのかを、約70点の絵画、彫刻、工芸品等によって辿ります。特に今回は、フィレンツェ美術館特別監督局の全面的な協力により、ヴェネツィア派を代表する画家ティツィアーノの名品《ウルビーノのヴィーナス》をウフィツィ美術館よりお借りすることが可能となりました。フィレンツェ以外からも、イタリア各地からヴィーナスを表わした選りすぐりの作品が貸し出される予定です。

愛と美の女神であるヴィーナスは、もとは古代の女神でした。多くの神話において主要な登場人物であった彼女は、神話の一場面として他の神々と共に表わされることもあれば、単独で表わされることもありました。そして彼女の傍らには、しばしばその息子キューピッドも登場します。

彼女はルネサンスの時期にほかの神々とともに美術のモティーフとして復活します。古典文学の復興と相まって、彼女は多くの美術作品に登場するようになりました。フィレンツェでは哲学的な議論を背景として、ヴィーナスは慎み深く表現されましたが、ヴェネツィアでは官能的なヴィーナスの表現が発達します。その代表が《ウルビーノのヴィーナス》です。本展では、ティツィアーノ、ブロンズィーノ、ポントルモらによる、ヴィーナスのさまざまな現れようをご鑑賞ください。

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会