トップページ » 展覧会 » 国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

開催中の展覧会

[企画展示室]
国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ
フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

会期:
2022年6月4日(土)~9月11日(日)
開館時間:
9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜20:00 
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日、7月19日(火) (ただし、7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館)
主催:
国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
共同企画:
フォルクヴァング美術館
後援:
ドイツ連邦共和国大使館
特別協賛:
キヤノン
協賛:
エボニック ジャパン、損保ジャパン、凸版印刷
協力:
ルフトハンザ カーゴ AG、西洋美術振興財団
観覧料金:
一般2,000円(1,900円)、大学生1,200円(1,100円)、高校生800円(700円)
  • ※カッコ内は割引料金
混雑緩和のため、本展覧会は事前予約制(日時指定券)を導入いたします。
チケットの詳細・購入方法は、 展覧会公式サイトのチケット情報をご確認ください。
  • ※中学生以下は無料
  • ※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
  • ※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
  • ※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,000円、教職員1,800円でご覧いただけます。国立西洋美術館券売窓口にてお求めください。
国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

(PDFファイル 1.70MB)

 国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人の対話(ダイアローグ)から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会を開催します。

 フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウス(1874-1921)と松方幸次郎(1866-1950)の個人コレクションをもとに設立された美術館です。本展では開館から現在にいたるまでの両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画までの100点を超える絵画や素描、版画、写真を通じ、近代における自然に対する感性と芸術表現の展開を展観します。産業や社会、科学など多くの分野で急速な近代化が進んだ19世紀から20世紀にかけて、芸術家たちも新たな知識とまなざしをもって自然と向き合い、この豊かな霊感源から多彩な作品を生み出していきます。

 足元の草花から広大な宇宙まで、そして人間自身を内包する「自然」の無限の広がりから、2つの美術館のコレクションという枠で切り出したさまざまな風景の響き合いをお楽しみください。自然と人の関係が問い直されている今日、見る側それぞれの心のなかで作品との対話を通じて自然をめぐる新たな風景を生み出していただければ幸いです。

この他、講演会も予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

出品リスト(PDFファイル 約1.76MB)

刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)
フィンセント・ファン・ゴッホ
《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》
1889年 油彩・カンヴァス
フォルクヴァング美術館
🄫 Museum Folkwang, Essen
夕日の前に立つ女性
ゲルハルト・リヒター
《雲》
1970年 油彩・カンヴァス
フォルクヴァング美術館
🄫 Gerhard Richter 2022 (13012022) 🄫 Museum Folkwang, Essen
睡蓮
クロード・モネ
《睡蓮》
1916年 油彩・カンヴァス
国立西洋美術館 松方コレクション
雲
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
《夕日の前に立つ女性》
1818年頃 油彩・カンヴァス
フォルクヴァング美術館
🄫 Museum Folkwang, Essen

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会