トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定 » ハプスブルク展

今後の展覧会

[企画展示室]
日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

会期:
2019年10月19日(土)〜2020年1月26日(日)
開館時間:
9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜20:00 
ただし11月30日(土)は17:30まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日、(ただし、11月4日(月・休)、1月13日(月・祝)は開館)、11月5日(火)、12月28日(土)〜1月1日(水・祝)、1月14日(火)
主催:
国立西洋美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、朝日新聞社
共催:
日本経済新聞社
後援:
オーストリア大使館、オーストリア文化フォーラム、BS-TBS
特別協賛:
大和ハウス工業株式会社
協賛:
三井物産、大日本印刷、みずほ銀行
特別協力:
ぴあ、TBSラジオ
協力:
ANA、ルフトハンザカーゴ AG、西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般1,700円、大学生1,100円、高校生700円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2019年8月10日(土)〜2019年10月18日(金)まで販売。ただし、国立西洋美術館では開館日のみ、2019年8月10日(土)〜2019年10月17日(木)まで販売。
※2019年10月19日(土)からは当日券販売。販売場所はこちらでご確認ください。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
ハフスフルク展画像

(PDFファイル 1,813KB)

13世紀末にオーストリアへ進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降、神聖ローマ皇帝の位を世襲し、ナポレオン戦争を引き金に同帝国が解体したのちは、後継のオーストリア帝国(1867年にオーストリア・ハンガリー二重帝国に改組)を統治しました。数世紀にわたって広い領土と多様な民族を支配し、ヨーロッパの中心に君臨し続けた同家は、まさに欧州随一の名門と言えるでしょう。

ハプスブルク家の人々はまた、豊かな財とネットワークを生かして、質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られています。そのうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による蒐集品の主要部分は、今日のウィーン美術史美術館における収蔵品の核となっています。オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点、5章7セクションから、そのコレクションの歴史をみていきます。ハプスブルク家のコレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(1459-1519)から、美術史美術館の建設者でもあるオーストリア・ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世(1830-1916)まで、同家の人々の紹介も兼ねつつ、時代ごとに蒐集の特色やコレクションに向けられたまなざしを浮き彫りにしていくことが本展のねらいです。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

マルガリータ・テレサ
ディエゴ・ベラスケス
《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》
1659年、油彩/カンヴァス
マリア・テレジア
マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン
《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》
1778年、油彩/カンヴァス
マリア・テレジア
マルティン・ファン・メイテンス(子)
《皇妃マリア・テレジアの肖像》
1745年-50年頃、油彩/カンヴァス
ルドルフ2世
ヨーゼフ・ハインツ(父)
《神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像》
1592年頃、油彩/銅板

所蔵館はすべて、ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会予定
  • 過去の展覧会