トップページ » 展覧会 » 今後の展覧会予定

今後の展覧会予定

[企画展示室]
国立西洋美術館開館60周年記念
松方コレクション展

会期:
2019年6月11日(火)〜2019年9月23日(月・祝)
開館時間:
9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜21:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日、(ただし、7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館)、7月16日(火)
主催:
国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
協賛:
損保ジャパン日本興亜、NISSHA、三井住友銀行
協力:
日本航空、西洋美術振興財団
観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2019年3月6日(水)〜2019年6月10日(月)まで販売。ただし、国立西洋美術館では開館日のみ、2019年3月6日(水)〜2019年6月9日(日)まで販売。2019年6月11日(火)からは当日券販売。販売場所はこちらでご確認ください。
パンフレット

(PDFファイル 1.2MB)

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎(1866(慶応元年12月1日)−1950)は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い集めます。当時の松方のコレクションは、モネやゴーガン、ゴッホからロダンの彫刻、近代イギリス絵画、中世の板絵、タペストリーまで多様な時代・地域・ジャンルからなり、日本のために買い戻した浮世絵約8000点も加えれば1万点に及ぶ規模でした。

しかし1927年、昭和金融恐慌のあおりで造船所は経営破綻に陥り、コレクションは流転の運命をたどります。日本に到着していた作品群は売り立てられ、ヨーロッパに残されていた作品も一部はロンドンの倉庫火災で焼失、さらに他の一部は第二次世界大戦末期のパリでフランス政府に接収されました。戦後、フランスから日本へ寄贈返還された375点とともに、1959年、国立西洋美術館が誕生したとき、ようやく松方コレクションは安住の地を見出したのです。

開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホ《アルルの寝室》や、2016年に発見されたモネの《睡蓮、柳の反映》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、時代の荒波に翻弄され続けた松方コレクションの百年に及ぶ航海の軌跡をたどります。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《アルルの寝室》
フィンセント・ファン・ゴッホ
《アルルの寝室》
1889年 油彩、カンヴァス
オルセー美術館
Paris, musée d'Orsay, cédé aux musées nationaux en application du traité de paix avec le Japon, 1959
Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay)/ Hervé Lewandowski / distributed by AMF

《睡蓮》
クロード・モネ
《睡蓮》
1916年 油彩、カンヴァス
国立西洋美術館(松方コレクション)

beyond2020

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会予定
  • 過去の展覧会