トップページ » 展覧会 » 開催中の展覧会

開催中の展覧会

[企画展示室]
北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

会期:
2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)
開館時間:
午前9時30分〜午後5時30分
毎週金・土曜日:午前9時30分〜午後8時
ただし11月18日は午後5時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日(ただし、1月8日(月)は開館)、2017年12月28日(木)〜2018年1月1日(月)、1月9日(火)
主催:
国立西洋美術館、読売新聞社、
日本テレビ放送網、BS日テレ
特別協賛:
Canon
協賛:
花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、
トヨタ自動車、みずほ銀行、三菱商事
協力:
日本航空、ヤマトロジスティクス、西洋美術振興財団

本展は,政府による美術品補償制度の適用を受けています。

観覧料金:
当日:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体:一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※上記前売券は2017年8月19日(土)〜2017年10月20日(金)まで販売。ただし、国立西洋美術館では2017年8月19日(土)〜2017年10月19日(木)まで販売。
前売券の販売場所はこちらでご確認ください。
※2017年10月21日(土)からは当日券販売。
※団体料金は20名以上。
※中学生以下は無料。
※2018年1月2日(火)〜8日(月)は高校生無料。
※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。
パンフレット

(PDFファイル 5.05MB)

19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。

本展は西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、日本発・世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示します。北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能しながら、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることでしょう。

この他、講演会スライドトークも予定されています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》

葛飾北斎
《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》
1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵
ミネアポリス美術館
Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237
Photo: Minneapolis Institute of Art

《陽を浴びるポプラ並木》

クロード・モネ
《陽を浴びるポプラ並木》
1891年 油彩、カンヴァス
国立西洋美術館(松方コレクション)

『北斎漫画』十一編

葛飾北斎
『北斎漫画』十一編(部分)
刊年不詳
浦上蒼穹堂

《踊り子たち、ピンクと緑》

エドガー・ドガ
《踊り子たち、ピンクと緑》
1894年 パステル、紙(ボード裏打)
吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)

出品リスト(PDFファイル 約968KB)

バナー:beyond 2020 プログラム

ページの先頭へ戻る

  • 開催中の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会