本文へ

お知らせ

最終更新日:2022.09.30

美術トーク、建築ツアー再開のお知らせ

ボランティア・スタッフによる対面でのプログラムを再開いたします。
美術トーク:2022年10月15日(土)~ 再開(詳細はこちら
建築ツアー:2022年10月16日(日)~ 再開(詳細はこちら
建築ツアーは10月2日(日)10:00より申込開始いたします。

国立西洋美術館時間雇用職員(研究補佐員)の公募について(令和4年11月7日(月)15時締切)

国立西洋美術館時間雇用職員(研究補佐員)を公募します(令和4年11月7日(月)15時締切)。
詳しくはこちらをご覧ください。

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展 講演会開催のお知らせ

「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」講演会を開催いたします。
10/8講演会の申込はこちらをご覧ください。

臨時休館のお知らせ(2022年10月7日(金))

展覧会準備のため10月7日(金)は休館いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

演劇パフォーマンス〈版画で観て、舞台で聞く『ハムレット』〉上演のお知らせ

小企画展〈版画で「観る」演劇 フランス・ロマン主義が描いたシェイクスピアとゲーテ〉関連プログラムとして、劇団シェイクスピアシアターによる翻案劇『ハムレット』を上演いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。

国立西洋美術館時間雇用職員(事務補佐員)の公募について(令和4年10月11日(火)10時締切)

国立西洋美術館時間雇用職員(事務補佐員)を公募します(令和4年10月11日(火)10時締切)。
詳しくはこちらをご覧ください。

当館コレクションの紹介動画をYouTubeにて公開

当館コレクションを紹介する動画シリーズ(全6本)を、公式YouTubeチャンネルにて公開いたしました。コレクション全体、オールドマスター、近代美術、20世紀美術、版画、橋本コレクション(指輪)をテーマに、当館所蔵作品の魅力やコレクションの歴史など、担当研究員がレクチャー形式で紹介しております。ぜひご覧ください。

動画シリーズ(再生リスト)はこちら
https://youtube.com/playlist?list=PLjMPe9tntL7HgRypH4g0DmNJ1uy_Vxx1O外部リンク

募金活動のお知らせ: 《マリー・バシュキルツェフの胸像》展示に伴う、ウクライナの美術館、博物館の復興支援について

国立西洋美術館は、ウクライナ生まれの女性芸術家マリー・バシュキルツェフを表した肖像彫刻(シャルル=ルネ・ド・ポール・ド・サン・マルソー作)の展示に関連し、ウクライナにおける危機に際し困難な状況に見舞われた美術館・博物館の復興を支援するため、本年4月末より募金活動を開始しました。
詳細はこちらよりご覧ください。

2021年度新収蔵作品のお知らせ: アクセリ・ガッレン゠カッレラ《ケイテレ湖》と カミーユ・クローデル《ペルセウスとゴルゴーン》

国立西洋美術館は2021年度にアクセリ・ガッレン゠カッレラ(1865-1931)の絵画《ケイテレ湖》と、カミーユ・クローデル(1864-1943)の彫刻《ペルセウスとゴルゴーン》を購入しました。
詳細はこちらよりご覧ください。

【注意喚起】国立美術館職員を騙る電話について

詳しくはこちらをご確認ください。

2022年4月9日以降の常設展へのご入場について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と快適な観覧環境の提供のため、当面、常設展への入場人数を制限することといたします。ご来館前に下記をご確認ください。


常設展では時間帯(1時間)ごとに入場人数を調整いたします。当館券売窓口で当日分の常設展観覧券をご購入いただけますが、混雑時には販売を休止することがあります。また、混雑状況により入場をお待ちいただく場合がございます。

・オンラインでの日時指定チケットの販売も行いますので、ご希望の日時でご入場されたい場合にはこちらをご活用ください(2022年4月6日(水)より発売を開始します)。

団体(20名以上)での観覧をご希望の方は、事前に当館ホームページからご予約をお願いいたします。事前のご予約がない場合は、団体料金でのご入場はできません。また、ご来館後すぐのご入場ができない場合があります。団体予約の詳細はこちらからご確認ください。

・企画展観覧券、各種無料観覧券、障害者手帳をお持ちの方はご予約なしでご入場いただけます。ただし、混雑状況により入場をお待ちいただく場合がございます。

ご来館のお客様へのお願い

国立西洋美術館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、感染拡大予防
ガイドラインを踏まえ十分な措置を講じた上で開館しております。ご来館の際にはあらかじ
め下記をご確認ください。ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

《お客様へのお願い》
・発熱や咳き込み等の症状があるお客様は入館をご遠慮ください。
・入館時に検温を実施しております。平熱と比べて高い発熱が確認された場合、ご入館をお断りいたします。
・入館にはマスクの着用が必要です。
・手洗い及びアルコール消毒にご協力ください。
・展示室内では、お客様同士ゆずりあっての観覧にご協力ください。
・展示室内では会話をお控えください。
・作品、展示ケース、備品や壁にはお手を触れないようお願いいたします。
・展示室毎に、入場規制を行う場合がございます。

《新型コロナウイルス感染症の予防のための当館の取り組み》
・入館時の検温の実施
・出入口にアルコール消毒液の設置
・館内の消毒、清掃の徹底、会場内の適切な換気の実施
・スタッフ、搬入業者等すべての関係者への検温及び健康状態の確認
・会場内の3密(密閉・密集・密接)を防止するため、各展示室への入場制限の実施
・スタッフのマスクの着用及びインフォメーション等対面箇所での飛沫感染防止用アクリルパネルの設置
・休憩スペースの座席の間隔確保、または対面とならない配置に変更

なお、当館内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合は、当館ホームページにその情報を掲載いたします。
お客様ご自身におかれましては、当館への来館日時の記録をお願いいたします。当館ウェブサイトを適宜ご確認いただき、発生日時にお客様がご来館されていた場合は、最寄りの都道府県・相談窓口にご連絡ください。

報道関係の皆様へ(国立西洋美術館 広報事務局設置のご案内)

このたび、国立西洋美術館は、当館及び当館常設展に関する取材・撮影の窓口として、2022年4月1日より広報事務局を設置いたします。

報道関係の皆様からのお問合せにつきましては、広報事務局宛にご連絡をお願いいたします。詳細はこちらからご確認ください。

なお、企画展に関するお問合せは、それぞれ展覧会広報事務局へお問合せください。

オンライン・レクチャー『ル・コルビュジエと国立西洋美術館』配信のお知らせ

当館の建築を紹介するオンライン・レクチャーを公式YouTubeにて配信いたします。2020年10月以降、約1年半の休館中に行われた前庭の復原工事に加え、ル・コルビュジエの構想、増改築による変遷、世界遺産登録、日本の近代建築への影響など、様々な観点から当館の建築について、専門家のお二人にお話しいただきました。撮影時期の異なる当館の写真や図面などの資料もご覧いただけます。ぜひご視聴ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ一覧